【FP解説】20代のための保険の賢い選び方と加入の判断ポイント

「20代でも生命保険に入る必要があるの?」

20代は死亡や病気のリスクが低いので、このような悩みを持った20代の方も多いのではないでしょうか。

若いうちは、保険は必要がないという意見もありますが、FPである私は20代であっても保険に入るべきと考えます。

ただし、20代といってもおかれている状況により入るべき保険種類は違ってきます。

この記事では、なぜ20代で保険に入るべきなのか、そして保険の種類別に加入すべき人の特徴を解説します。

是非、最後まで読んでみてください。

初心者のためのマネースクール101
初心者のためのマネースクール101

1.20代でも保険に入るべき

1-1そもそも保険とは何のために入るのか

保険とは、もしものことがあったときに経済的に困らないようにするために加入するものです。

ですから、この経済的リスクに対して貯蓄など保険以外の方法でカバーできる場合は加入する必要はありません。

しかし、経済的リスクに対してカバーできるほどの貯蓄等がない場合は、年齢に関わらずその備えをしなければなりません。

つまり、経済的リスクに備えるという点において、年齢は関係ありません。

1-2保険でカバーできるリスクは大きく4つ

前述したように、保険は経済的リスクをカバーするための商品ですが、全てのリスクに対してカバーできるわけではありません。

現在発売されている保険をリスク別に分けると4つです。

①入院や手術などの治療費や入院中の生活費の備え
②教育資金や老後資金の備え
③遺族の生活費の備え
④介護費用の備え

これらによる経済的リスクをカバーする必要がある方は、保険の加入を考えましょう。

その場合は、「必要保障額(いくら必要なのか)」「必要な期間」を算出して、自分にあった保険に入る必要があります。

この4つ以外のリスクに対しては保険で備えることが出来ませんので、他の方法を検討しなければなりません。

2.あなたが入るべき保険はどれ? ~保険種類別に解説~

2-1 独身・既婚に関わらず医療保険は全員入ろう

治療費を全額自己負担しなければならない「先進医療」や、入院した際にかかる治療費以外の出費(差額ベッド代や食事代、交通費等)に備えるために、医療保険には入りましょう。

2-1-1健康保険が効かない全額自己負担の「先進医療」がある

医療保険に入る時は、病気やケガで入院や手術をした時の治療費は、基本的にかかった費用の3割が自己負担額となり、治療費が高額になった場合は「高額療養費制度」といった、自己負担額を下げる社会保障制度もあります。

ですから、治療費だけで考えると、社会保障制度や貯蓄で賄えるようにも思えます。

しかし、全額治療費を自己負担しなければならない「先進医療(※)」というものが存在します。
先進医療の種類によっては数百万円もかかるものもあります。

この先進医療だけを保障する「先進医療保険」となるものは発売されておらず、民間の保険会社が販売している医療保険に特約(オプション)という形で加入するしかありません。

中には、「先進医療を受ける可能性は低いので保険に入る必要がない」と考える方がいるかもしれません。

1章で話した通り、保険は発生確率が高いか低いかで加入を考えるものではなく、確率が低くても起こってしまったときに経済的損失があるのであれば加入すべきです。

※先進医療とは

先進医療とは、まだ保険診療の対象に至らない先進的な医療技術などをいいます。

そのため、先進医療の技術料は健康保険の給付対象外となり全額自己負担となります。

平成30年1月1日現在先進医療の種類は101種類です。(詳しくは下記のURL参照)

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html

2-1-2差額ベッド代や食事代など治療費以外にもかかる費用がある

医療保険に加入する場合、最低でも日額5,000円~10,000円くらいは必要です。

治療費は「高額療養費制度」を利用すれば1か月の自己負担額は約8万円~9万円です。(収入により違いがあります)

つまり、1日3000円程ということですね。
しかし、入院したときにかかる費用は治療費だけではありません。

「公益財団法人生命保険文化センター」の調査によれば、入院時の1日あたりの自己負担費用は平均で2万円というデータがあります。(下図参照)

この費用の内訳は、治療費だけでなく食事代・差額ベッド代・交通費や日用品などが含まれています。

このデータからわかるのは、入院をすると治療費よりもそれ以外の雑費にお金がかかるということです。
特に、これらの費用は入院が長期化すると負担はどんどん大きくなります。

もちろん、入院は短期化傾向にありますが、本当に困るところに掛けるのが保険です。
別の目的で貯めていた貯蓄を切り崩すことにならないよう、医療保険で備えるのが望ましいです。

【入院時の1日あたりの自己負担費用】

<参考記事>
保険で入院に備える!自分に合った保障の選び方をFPが徹底解説!

2-2 20代だからこそ老後資金の備えが必要

親世代と同じようなお金の貯め方、貯蓄性の保険の入り方では、20代の方々は、老後資金は貯められません。
変額保険や金利の高い外貨建て保険(※1)を使うなど工夫が必要です。

20代で老後のイメージはなかなかできないかもしれませんが、生きている限り老後は必ずやってきますので対策が不可欠です。

日本の年金制度は、若い世代が保険料を払い、高齢者が年金を受け取るという仕組みです。
少子高齢化が今以上に進めば年金の保険料を払う世代は減り、受け取る世代が増えることになります。

そのため、将来的には保険料を負担する世代が払う保険料が上がることや、年金を受け取る世代の受給額が減る可能性があります。

または支給開始年齢が65歳から70歳などに引き上げられることも考えられます。

したがって、早いうちから老後資金の備えをすることが大切なのですが、昨今の超低金利の影響で、老後の資産形成の商品として人気のあった円建の個人年金保険、養老保険、終身保険なども予定利率(※2)が低下したためほとんど増えません。

ですから、変額保険や円建てよりも金利の高い外貨建て保険を使って、早いうちから老後の資産形成を始めましょう。

この2種類の保険商品については以下の記事に詳しく記載していますので、是非お読みください。

<参考記事>
ドル建て保険は安さと貯蓄率が魅力!仕組みから新商品情報まで解説

初心者は保険で投資がお勧め!仕組みから有利な税制まで徹底解説

※1 変額保険・外貨建て保険とは

変額保険とは
保険料の一部が株や債券などで運用され、運用実績により保険金額や解約返戻金の金額が増減する保険です。

外貨建て保険とは
契約者が支払った保険料を、保険会社が外国債で運用している保険です。

つまり、円建ての保険と仕組みは同じで、通貨のみが外貨になっている保険の事です。基本的に、払い込む保険料や受取る保険金等は、外貨か円を選ぶことができます。外貨は主にアメリカドルやオーストラリアドルの保険が多いです。

 

※2 予定利率とは

予定利率とは、保険会社が契約者に約束する運用利回りのことです。

【参考記事】
予定利率とは?意味と仕組みを詳しく解説!保険見直しのきっかけに!

FPからアドバイス
老後の資産形成をする商品は保険だけではありません。詳しくは以下の記事をお読みください。

【年金早見表】働き方別に受給額が分かる!年金の将来と老後対策3選

 

2-3 扶養している家族がいる場合は死亡保険に入ろう

死亡保険は遺族の生活保障を目的に加入するものですので、経済的に扶養している家族がいる方は加入を検討してください。

自分が亡くなって今まで稼いでいたお給料が入ってこなくなった場合、経済的に困る人がいる方は死亡保険が必要ということです。

例えば、独身の方でもご両親や兄弟に仕送りをしている方は、もし自分が亡くなって両親や兄弟が経済的に困るのであれば死亡保険に入るべきです。

女性の方でも、夫婦共働きでご自身のお給料が入ってこないとご主人やお子様が生活できないという方は死亡保険が必要です。

そして、実際に加入する際は、死亡保険はお給料をベースに必要保障額と保障期間を算出し、ご自身にあった死亡保障に加入しましょう。

 

必要保障額とは

必要保障額とは、万一の事があっても、残された家族が不自由なく暮らすために必要な金額の事で生命保険の死亡保険設定額になります。

万一の事がなければ、毎月のお給料で生活をやりくりするので、基本はお給料をべースに考えます。

計算式は以下の通りです。

①月額給料-遺族年金-住宅ローン支払い金額-お小遣い=毎月の必要保障額
毎月の必要保障額 × 12か月 × 必要年数 = トータルの必要保障額

以下の記事でもっと詳しく説明していますので参考にしてみてください。

FPが改善事例で解説!無駄を無くし家計を助ける生命保険の見直し方

収入保障保険とは?愛する家族を守る為に!仕組みと保証額を徹底解説

 

 

3.十分な貯蓄がある人は保険に入らない選択肢もある・・・ただしインフレに注意!

保険は、経済的に困る部分に掛けるものですから、十分な貯蓄がある方は、保険は「不要」ということになります。
ただし、その貯蓄を増やすことを考えなければなりません。

例えば、現在独身で貯蓄が5000万円程あるとします。

シミュレーション等の結果から、老後資金や入院の備えとして十分な貯蓄額だった場合、保険に入らないという選択肢もあります。

ただし、この5000万円の貯蓄を銀行に預けているだけ、低金利で寝かしているだけでは「インフレ」に負けてしまう可能性があります。

インフレとは、簡単に説明すると「お金の価値が下がる・物の値段が上がる」ことです。

現在の日本は、インフレ率2%を目標に経済政策を行っています。

ですから、私たちの資産も2%以上増えていかないと、実際には資産を減らしていることと同じです。

今の預貯金の金利はほぼ0%ですので、ここにお金を預けているだけだと2%のインフレには勝てません。
つまり、お金に働いてもらう、資産運用をしていく必要があります。

<参考記事>
【要対策】お金の価値が目減りする!インフレの意味と生活への影響

4.保険は見直しが大切~信頼できるアドバイザーを味方につける~

生命保険は、一度入って終わりではなく見直しをすることが大切です。

結婚・出産・住宅購入などのライフイベント時が、保険を見直すタイミングと一般的に言われています。
しかし、それ以外にも見直すべき場面はあります。

例えば、医療保険は制度が変われば、それに合わせた新商品や新しいオプションが発売されます。

今から15年、20年前の医療保険は「20日以上入院すると給付金が下りる」「入院5日目から保険金が下りる」」という内容の医療保険が主流でした。

現在は、入院日数も短期化しており入院1日目から給付金がおりるものが主流ですよね。

つまり20代で加入した医療保険は、40代・50代になる頃には時代にあっていない可能性があります。

しかし、自分で制度について勉強したり、「自分の保険は今の時代に適しているのか」「もっとより良い保険が新しく発売していないか」といった情報収集することは難しいです。

結婚・出産・住宅購入といった一般的に保険を見直すべきタイミングと言われている場面だけでなく、新商品の情報なども随時手に入れるために、信頼できるアドバイザーを味方につけることをオススメします。


保険販売資格のある
独立系ファイナンシャルプランナー
であれば、複数社の生命保険会社からライフプランを考慮し最適な商品のアドバイスをしてくれるだけでなく、販売資格があるため、新商品の情報もいち早く入ってきます。

<参考記事>
相談料目安を図解、良いファイナンシャルプランナー選びの3つのコツ

5.まとめ

いかがでしたか?

保険に加入するかどうかは、確率が高いか低いかで考えるのではなく「起こったときに経済的に困るかどうか」で考えましょう。

そして、保険に入らないという選択をした方は今ある貯蓄の価値を減らさないように(インフレに負けないように)することが大切です。

「今の自分にあった保険が知りたい」「保険の選び方がわからない」という方は、4章でお伝えした独立系FPに相談することをオススメしますが、敷居が高いと感じる方には独立系FPが主催する「保険セミナー」や「マネーセミナー」に参加することから始めても良いでしょう。

親子での参加や、パートナー、ご友人同士で参加できるものもあるので自分にあったセミナーを探してみてくださいね。

保険セミナーは主催者毎に様々。マネー全般が学べる独立系FPがベスト

 

ファイナンシャルプランナーからお金を学ぶ、セミナーの上手な選び方

 

お金のプロであるFPが保険の見直しをサポート

お金のプロであるFPが保険の見直しをサポート

保険は種類が多くて、一人では難しく考えがち。そんな方にピッタリなのがお金の相談室の生命保険相談です。
知識も経験も豊富なファイナンシャルプランナーが、保険の知識のない方へもわかりやすくアドバイスします。

なぜFPに相談した方が良いの?

  • 保険以外の商品も含めて、あなたに一番ベストな商品をご提案できます
  • ライフプランを踏まえた保険プランをご提案できます
  • 担当者の転勤がなく永続的にサポートができます

生命保険相談で出来ること

  • ライフプランを踏まえ、あなたやご家族に必要な保障内容がわかります
  • 家計とバランスのとれた保険の入り方がわかります
  • 豊富な保険商品、保険以外の金融商品の中から、自分に最適な商品の提案が受けられます
  • 保険料を節約して浮いたお金の活用方法もアドバイスできます

生命保険相談はこんな方にオススメ!

  • 初めて保険に入るので、自分に必要な保障や選び方を教えてほしい方
  • 結婚をしたので保険の見直しをしたい方
  • お子様が産まれて教育資金を貯めたい方
  • 住宅ローンを組んだ方または組む予定の方で保険の見直しをしたい方
  • 加入中の保険が自分に合っているのか知りたい方
  • 保険料を節約したい方

お金の相談室では、東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、全国で無料相談会を実施しています。対面での無料相談をご希望の方は、インターネットもしくはお電話にてお申込みください。予約制です。

お気軽にご相談ください!