「72の法則」でお金の増え方がわかる!マネーセンスを身につけよう

「72の法則」って、聞いたことがありますか?
資産運用で使われる概念で、お金が2倍になるまでの金利と年数の関係を表した便利な式です。

これが分かると、投資や借入れを考える際、お金がどれくらいの期間でどう増えるのか、大まかな目安が分かるようになります。また、利息の付き方によって、お金の増え方が全く変わってくることが分かります。

この記事では、そんなお金の感覚が身につく72の法則を、利息の考え方と一緒に解説します。ぜひ、お金の増え方を簡単にイメージできるようになりましょう!

初心者のためのマネースクール101
初心者のためのマネースクール101

1.72の法則は、お金が2倍になる期間と金利がわかる便利な式!

冒頭でも書いた通り、72の法則は、お金が2倍になる金利と期間の関係を表した法則です。

金利(%)× お金が2倍になる期間(年)=72 

金利と、お金が2倍になる期間をかけると「72」になる、というシンプルな式ですね。この式を変形して、金利か、年数のいずれかの条件を入れれば、「お金が2倍になる期間」や「お金が2倍になる金利」が分かります。

なお、実はこれは近似値を簡易的に出す法則です。あくまで、目安として使うものであることにご注意ください。
では、さっそく使い方を見てみましょう。

2.72の法則の使い方

2-1 お金が2倍になる期間が分かる、2倍になる金利が分かる

先ほどの式を変形すると以下の式になります。

お金が2倍になる期間 (年) = 72 ÷ 金利(%) 

お金が2倍になる期間が知りたければ、72をその金利(資産運用であれば、運用で得られる利率、利回り)で割ればよい、ということです。

例1)100万円を金利3%で運用する場合
72÷3%=24年

金利3%で毎年運用した場合、お金が200万円になるまで、約24年必要なことがわかります。

例2)100万円を銀行の1年定期預金で運用する場合
72÷0.1%=720年 
(※2018年現在、金利0.01~0.1%程度)

金利0.1%で銀行に預け続けると、お金が200万円になるまで、約720年必要だと計算できます。現在の低金利が、いかに資産運用上、不利なのかがよくわかります。

参考までに、お金を2倍にするために必要な年数を、金利別に表にしてみました。

金利
(運用利回り・利率) 
計算式  2倍にするのに必要な年数
(近似値)
1% 72÷1=72  72年
2% 72÷2=36   36年
3% 72÷3=24  24年
4% 72÷4=18  18年
5% 72÷5≒14  14年
6% 72÷6=12  12年
7% 72÷7≒10  10年
8% 72÷8=9   9年
9% 72÷9=8  8年
10% 72÷10≒7  7年

運用成績が低ければ低いほど、長い年月がかかるということが実感できますね。

一方、先ほどの式で、お金が2倍になる期間(年)を入れると、逆に、2倍になる金利を求めることができます。

金利(%)= 72 ÷ お金が2倍になる期間 (年)  
例1)100万円を24年間で運用する場合
72÷24年=3%

先ほどの逆で、24年間かけるのであれば、お金が200万円になるまで約3%で運用し続ければよい、ということが分かります。

実際にこの式を使うケースを考えると、おそらくもっと早く、〇年で2倍にするにはどれくらいの金利が必要か?を計算するケースが多いでしょうか。

例2)100万円を10年で2倍にしたい場合
72÷10年=7.2%

10年で2倍にするためには、毎年7.2 %で運用しなければならないことが分かります。運用のハードルがぐっと上がりますね。

ここまでの話で、資産運用においては、金利と時間の関係が重要だということが分かりました。次に、お金を借りる場合には、どのように72の法則が役に立つのかを見てみましょう。

 

2-2 借金やローンであれば、借入金額が2倍になる期間が分かる

72の法則の計算式は、借金や借入れ、ローンにも同じように当てはめて、「借金がどの程度の速さで2倍になるか」が分かります。先ほどの例で考えてみましょう。

(※同一条件で計算するために、あくまで返済をまったく行わなかった場合のシミュレーションとして見ておいてください。実際の借り入れの場合は、毎月返済していくのでここまでにはなりません。)

例1)100万円を金利3%で借りる場合
72÷3%=24年

約24年間(無返済で)借りると、返す金額が2倍になるということが分かります。これが2%であれば、72÷2%=36年で2倍という計算になり、12年もの差が出ます。

このケースでは100万円ですが、例えば1桁大きくなる住宅ローンで、このように長期にわたる借り入れを行う場合、少しの金利の違いが非常に大きな金額差を生み出していくのです。

これを金利の高いサービス、たとえばクレジットカードのリボ払い(年利15%程度)や分割払い(年利8~18%程度)、キャッシング(年利15%〜18%程度)に当てはめていくと、これらの返済負担が非常に重いことが分かりますね。

お金が3倍になる期間と金利が分かる「115の法則」

 

72の法則は、お金が2倍になるまでの金利と期間の関係を表した法則でした。72の代わりに115を使うと、まったく同じように、お金が「3倍」になる期間や金利を計算できます。

 

  金利(%)× お金が3倍に倍になる期間(年)= 115  

 

それぞれ変形すると、以下のようになります。

 

  お金が3倍になる期間 (年) = 115  ÷  金利(%)
  金利(%) = 115  ÷  お金が3倍になる期間 (年)  

 

合わせて使ってみてくださいね。

3.72の法則は、「複利」の場合であることに注意!

3-1 「複利」と「単利」の違いは、利息の付き方

実は、金融商品には「単利複利」があるのですが、今までご説明した72の法則は、「複利」で運用した場合の計算式です。実際の資産運用の際にこの計算式を当てはめるなら、複利の商品で運用していることが前提になります。

そこで、この章では「単利・複利」について解説します。2つの違いは、「利息の扱い方」です。資産運用の基本的な知識ですので、まずは定義だけ簡単に理解しておきましょう。

「単利」とは、
当初預けた元本に対してのみ利息がつきます。利息を再運用することはしません。

<単利の増え方> 元本100万円を、年利7%で運用した場合

「複利」とは、
当初預けた元本についた利息をどんどん元本に組み入れて新たな元本とし、利息を再運用する方法です。利息が元本に組み込まれ、元本自体が大きくなっていきますので、その様子をたとえて、よく「雪だるま式に増える」などと表現されます。

<複利の増え方> 元本100万円を、年利7%で運用した場合

運用している商品が複利の商品か、単利の商品かで、元本額が変わってくるイメージがつきましたでしょうか?さらに、時間を経た時の差を見てみます。

3-2 単利と比べると、圧倒的に複利が有利!

100万円を7%で40年間運用した場合の、単利と複利の受取額を比較してみましょう。

単利の場合、
7万円の利息 x 40年 = 280万円
で元利合計(元本と利息を合わせた合計)は380万円に過ぎません。(約3.8倍)

一方で、

複利の場合、
10年を過ぎたあたりから差がつき始め、
利息部分が13,974,458円、元利合計で14,974,458円に増えています。(約14.9倍)

複利の方が得なことがよくわかりますね。

また、資産を倍にするために必要な年数を、複利と単利で、運用利回り別にまとめたのが以下の表です。

金利
(運用利回り・利率) 
複利 単利
1% 72年 100年
2% 36年 50年
3% 24年 33年
5% 14年 20年
6% 12年 17年

やはり利回りにかかわらず、複利が有利なことが分かります。金融商品を選ぶ際には、金利だけでなく、単利か複利かの利息自体の付き方にも興味をもっていただければと思います。

なお、上記のように単利の場合を計算するには、「110の法則」を使います(こちらもすべて近似値です)。

「単利」で、お金が2倍になる期間と金利がわかる「110の法則」

  金利(%)× お金が2倍になる期間(年)=110

単利と複利について、また具体的には、どんな商品がそれにあたるのかをより詳しく知りたい方、複利の効果を最大にする方法については、こちらの記事も参考にしてみてください。

4.まとめ - 72の法則を使って、お金を増やそう

現在の低金利下では、定期預金で年利0.1%運用をした場合、倍の200万円にするのに約720年(=72÷0.1)の投資期間がかかる一方、年利3%で運用した場合には約24年(=72÷3)で倍になります。

また、これは物価上昇(インフレ)を考慮していない場合の話で、物価が上がると、同じ金額でも買えるものが減ってしまいます。結果として、実質、お金が減っているのと同じ効果が起こります。

2018年現在、日本政府が目指しているのは年率2%の物価上昇です。もしそれが実現した場合は、預金金利との差分のお金の価値が、年々減る可能性があるということになります。以上のことから、資産を増やすという意味だけでなく、資産を守るという意味でも、何らかの資産運用や投資を考えることが望ましいといえます。

この記事で解説したとおり、72の法則で時間と金利(利回り)の関係に注目すると、なるべく長期間をかけることで、無理のない利回りで2倍が実現できるということが分かりました。重要なのは、「複利の力を利用しつつ、長期投資をすること」で、それにより成果が安定しやすくなります。また、そのためには早く始めることもポイントになるといえるでしょう。

投資にリスクを感じている方にも、「何もしないことのリスク」を加味しつつ、リスクをコントロールした運用を検討することをお勧めしたいと思います。資産運用の基本について、参考になる記事をご紹介しますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

 

FPによる資産運用コンサルティングサービス、「お金の相談室」無料体験

資産運用をはじめたいけど、どうすればよいのか、何を選べばよいのか、金融機関に勧められたけど本当によいのか等、悩まれている方も多いでしょう。資産運用について誰に相談してよいかわからない方、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

お金の相談室では、東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、全国で無料相談会を実施しています。対面での無料体験相談をご希望の方は、インターネットもしくはお電話にてお申込みください。予約制です。

ご相談内容は、お金に関することならなんでもOK。

  • 投資信託の仕組みや自分に合った選び方をしりたい
  • 今、保有している商品(投資信託、債券、株式など)のご相談
  • NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAについて
  • iDeCo等、確定拠出年金について
  • 子供の教育費の貯め方、有利な方法
  • 老後資金の貯め方
  • 保険の見直しや、新規加入について

など、お気軽に相談ください。