生命保険の相談・見直しは、ファイナンシャルプランナーが適任な理由

生命保険の相談・見直しは、ファイナンシャルプランナーが適任な理由

今、入っている生命保険が、自分にあっているのか不安・・・。
検討している保険について、セカンドオピニオンを聞いてみたい。
でも誰に相談していいのかわからない。

生命保険は、商品の種類も買う方法もたくさんあるので、そんな漠然とした悩みを持っている人は多いです。類似商品も販売会社も多いのですが、必ずしも担当者がそれらをちゃんと把握したうえで、あなたの個別の事情を考えて提案してくれるわけではないからです。

そこで今回は、生命保険の相談は、どこで行うべきかを解説します。保険は入り方、見直し方によって家計に与える影響も大きいので、ぜひ効果的に悩みを解決するための参考にしてください。

目次

生命保険の相談・見直しはどこでする?

生命保険の見直しができる場所は5か所

生命保険の相談、見直しができる場所は、大きく分けて以下の5つです。

  1. 保険会社
    自社の保険を外交員を通じて直接販売、または代理店経由で販売しています。
  2. 保険ショップ(複合代理店)
    複数の保険会社と契約している乗り合いの保険代理店です。個人に合わせて複数社の保険を比較提案、販売します。
  3. 銀行・郵便局
    銀行や郵便局でも、代理店契約を結んで保険や金融商品を販売しています。
  4. ファイナンシャルプランナー(FP)事務所(相談のみ)
    個人のライフプランに合わせたマネープランの提案や、商品選定のサポートを行います。相談業務に特化している事務所です。商品の販売を行いません。
  5. ファイナンシャルプランナー(FP)事務所(相談および代理店業務を実施)
    証券仲介業や保険仲買人等の資格も保有しているファイナンシャルプランナー事務所の場合、「相談」だけでなく、複数の金融機関の代理店として、株や投資信託、保険の「販売」も行います。

「相談方法」、「メリット」、「デメリット」、「こんな人にお勧め」、「費用」の点から特徴を比較

5つの相談場所について、相談方法、メリット、デメリット、こんな人にお勧め、費用の点から、特徴をまとめてみます。​

相談方法
保険会社
  • Webや電話で相談日時を予約、営業職員が指定の場所(自宅やカフェ等)に訪問して相談を受けるか、店舗に出向いて窓口で個別相談をする形が一般的。Webのチャットや電話での質問も受け付けている会社が多い
保険ショップ(複合代理店)
  • Webで予約して、ショップ店頭で相談する仕組みを取っているところが多い。店によっては、家に訪問してくれるところもある。
銀行・郵便局 
  • 店頭に出向いて窓口で相談
FP事務所(相談のみ)
  • Webや電話で相談日時を予約の上、事務所に出向いて相談するのが一般的。希望によっては、カフェや自宅への訪問するケースも。
FP事務所(相談および代理店)
メリット
保険会社
  • その会社の商品については詳しく教えてもらえる、契約までワンストップで行えて迅速
保険ショップ(複合代理店)
  • 複数の保険会社の商品を扱えるため、類似の商品を比較できる
  • 店舗数が多く、街中の便利なところに出店している傾向があるため、店頭で気軽に相談できる
銀行・郵便局 
  • 身近な金融機関に相談できる点では便利なケースも
FP事務所(相談のみ)
  • 金融機関から独立し、商品の販売を行わないことで、完全に中立的な立場から相談に乗ってもらえ売りつけられない安心感がある
  • マネープランや貯蓄目標を達成するための手段として、保険に限らず金融商品を横断的に提案できる
  • 同じ金融商品でも同業他社のものを比較してベストな商品を提案できる
FP事務所(相談および代理店)
  • 金融機関から独立した中立的な立場で、相談に乗ってもらえ
  • マネープランの提案から実行まで、ワンストップでサポートできる
  • マネープランや貯蓄目標を達成するための手段として、保険に限らず金融商品を横断的に提案できる
  • 同じ金融商品でも同業他社のものを比較してベストな商品を提案できる
  • 規模が小さく、金融機関に比べれば担当者が変わりにくいため、何かあったときにも相談しやすい
デメリット
保険会社
  • その会社の商品以外は提案してもらえない
  • ニーズや目的によって「保険は必要ない」、「保険が最適ではない」、という場合があっても、べつの手段や保険以外の商品を提案して貰いにくい
  • 異動等で、担当者が変わりやすい
保険ショップ(複合代理店)
  • 担当者のレベルにばらつきがあるケースが散見される
  • 保険会社と同様、保険以外の選択肢を提案してもらいにくい
  • 異動等で、担当者が変わりやすい
銀行・郵便局 
  • 多岐にわたる保険や金融商品の取り扱い数、知識の深さは、本業とする企業にくらべて弱い
  • 個々人のマネープランに合わせた提案は本業ではないため、提案はばらつきがある
  • 異動等で、担当者が変わりやすい
FP事務所(相談のみ)
  • 有料相談メニューが中心のため、相談コストが高め
  • 販売業務を行わないため、提案プランの実行は、別途自分自身で行う必要がある
  • 販売をしないため、新商品の動向や、毎月のように変更がある個別の商品の詳細、具体的な変更点については、詳しくない可能性がある
FP事務所(相談および代理店)
  • 手数料収入がビジネスの柱なので、提案については見極める必要がある
こんな人にお勧め
保険会社
  • 買いたい保険が決まっている人
保険ショップ(複合代理店)
  • 複数の保険を比較検討したい人
銀行・郵便局 
  • 買いたい保険が決まっている場合に、すでに付き合いのある銀行や郵便局で手続きしたい人
FP事務所(相談のみ)
  • 有資格者(税理士、弁護士、司法書士)が必要な特別な相談をしたい人。例えば、確定申告の必要な税金の相談、複雑な相続、離婚時の年金分割など、専門知識が必要な相談や、特殊なケースの場合は、その資格を持っている人や、有資格者と連携できるFP事務所を選ぶと良いでしょう。
  • 完全に中立な立場であることを重視して、有料でもきちんとしたマネープランを立ててもらいたい
FP事務所(相談および代理店)
  • 保険に新規に入りたい人、すでに入っている保険の見直しや整理、乗り換えなどの具体的な相談がある人
  • 中立的な立場から比較検討した商品提案や、セカンドオピニオンを求めている人
  • 自分のライフプランに合ったマネープランを立て、それに合わせた手段を(保険に限らず)提案してもらいたい人
費用
保険会社
  • 無料(自社商品販売につき)
保険ショップ(複合代理店)
  • 無料(契約した保険会社からの手数料収入によるビジネスモデル)
銀行・郵便局 
  • 無料(契約した保険会社からの手数料収入によるビジネスモデル)
FP事務所(相談のみ)
  • 有料
FP事務所(相談および代理店)
  • 無料(契約した保険会社からの手数料収入によるビジネスモデル)

生命保険の相談・見直しなら、独立したファイナンシャルプランナー事務所が適任

いかがでしょうか。ここまで読んで、どこに行くべきか、今一つまだ決めかねている人には、「相談および代理店業務を実施しているファイナンシャルプランナー(FP)事務所」をお勧めしたいと思います。

なぜなら、まだ自分でマネープランを見通せていなかったり、相談内容が明確ではない状態だと判断できるので、より中立的な組織のファイナンシャルプランナーに相談したほうが、保険にまつわる様々なニーズをカバーできる可能性が高いからです。

 どういうことなのか、一例を挙げてみましょう。
子どもが生まれると多くの人が死亡保障を考えます。

生活費をカバーするための総保障金額は、家族構成や配偶者の就労状況、末子が独立するまでの年数を加味して考えます。その金額に対して、万が一の時の公的保障制度の利用や、預貯金などの保有状況、団体信用生命保険でカバーできる住宅ローンを組んでいるか、などを総合的に考えて、無駄なく保障を足していくべきです。

そうなると、資産状況によっては、保険料として払うよりも、運用して資産を増やすほうがマネープランとして正解、というケースもありえます。つまり

  • そもそも保障が必要か・不要か?
  • 保障が必要な場合、不足分をカバーする手段は、保険か、または他の金融商品なのか?
  • 現在持っている保険は適切か、切り替えたほうが得になるか?

といったことを考えて、ニーズに合った手段を選ぶ必要があることが分かると思います。

また生命保険は家族構成の変化やライフプランの変化、商品の進化などで最適な商品が変わっていきます。そういう意味でも、背景事情を踏まえた判断ができ、何かの時にはすぐに相談できる先として、長く付きあえるファイナンシャルプランナー事務所をみつけておくことはお勧めです。

ファイナンシャルプランナーに相談する時に準備しておきたいこと

有料・無料を問わず、簡単な準備をしておくことで相談がスムーズになります。限られた時間を有効に使うために、以下を確認しておくことがお勧めです。

  • 保険の見直しなどの具体的な相談がある場合
    関連する書類(保険証券など)を確認して、内容を把握しておきます。よくわからない場合は、持参して保険証券を直接見てもらっても構いません。
  • 漠然とお金を増やしたい、将来のお金が不安なので資産運用を始めたい、といった内容の場合
    直近の貯金金額や資産状況を説明できれば十分です。すでに行っている投資などがあれば、併せて現状を説明できればスムーズです。

また予約の際には、どういった内容の相談をしたいかをおおまかに伝えておくと、それに沿った準備をしておいてもらえるので良いでしょう。

まとめ

生命保険は、多くの人がたまたま出会った保険会社の販売担当者から購入していますが、長い間持つことになる高額商品です。ぜひ、買った後のフォローも前提に、慎重に選んでいただきたいと思います。

生命保険に入りたい、見直ししたい、セカンドオピニオンが欲しい、そもそも入っているものの保障内容がよくわからない等、やや相談しづらいあいまいな悩みでも相談できることがファイナンシャルプランナーの重要な役割です。

また、自分ではうまく計画できない将来のお金への不安があれば、ライフプラン自体を整理してマネープランに仕上げていくことができます。このタイミングで、保険にとどまらず、将来への備えまでを明確化させてすっきりさせてみてはいかがでしょうか。

自分に合ったファイナンシャルプランナーの選び方や見つけ方については、以下の記事でも詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

相談前に知って欲しい!良いファイナンシャルプランナーの見つけ方

お金の
貯め方

保険の
見直し

住宅
ローン

NISA・
iDeCo

お金のこと、
FP にしませんか?

お金の話だからしっかり
理解をして進めたい

調べていたら
他の悩みも出てきた

本当にこの方法で
いいのかな?

そのお金の不安、無料FPに相談できます!

全国どこでも相談OK

全国どこでも相談OK

最短即日対応可能

最短即日対応可能

オンライン相談可能

オンライン相談可能

何度でも無料相談

何度でも無料相談

詳しくはこちら

この記事を読んだ人におすすめ
三大疾病保険は不要?治療費・保険内容から必要性を判断する!
三大疾病保険は不要?治療費・保険内容から必要性を判断する!
自転車保険の“無駄のない”入り方!加入できる場所とおすすめの保険
自転車保険の“無駄のない”入り方!加入できる場所とおすすめの保険
民間介護保険の必要性とは?公的介護保険との違いとあわせて紹介
民間介護保険とは?「掛け捨て型」と「貯蓄型」をわかりやすく解説!
民間介護保険とは?「掛け捨て型」と「貯蓄型」をわかりやすく解説!
記事検索