働く世帯の平均貯蓄額は1299万円。年代別で我が家の家計を考える

平均貯蓄額

世間の人は、どれくらい貯金・貯蓄をしているのでしょうか。
年齢、収入、家族状況によってどの位が普通?そしてそれは妥当なの?

貯蓄が苦手な人も、何となく貯まっている人も、自分の貯蓄が多いのか、少ないのか気になりますよね。
また、平均貯蓄額と比べてみても、その額が実際どうなの?十分なのか、足りないのか、何となくもやもやしてしまうと思います。

十分かどうか判断するには、個別に人生で必要なお金や、目標が分かっていないと一律には決められないからですね。平均貯蓄額は、しょせん目安にすぎないのです。

この記事では、そんな疑問を解消するために、家計の平均貯蓄額を紹介しつつ、自分の状況を加味して判断するポイントを取り上げます。ぜひ、自分のケースに当てはめて自分が貯めるべき額の目安を計算してみてください。

初心者のためのマネースクール101
初心者のためのマネースクール101

1. 二人以上の世帯の平均貯蓄額は、1299万円(2016年)

まずは、「働き手のいる二人以上の世帯」で、家庭のざっくりした貯蓄・家計の数字を見てみましょう。

・貯蓄現在高(平均値)=1299万円
・年間収入=715万円
・貯蓄の年収比(貯蓄現在高の年間収入に対する比)=181.7%

出典 総務省統計局 家計調査(貯蓄・負債編)調査結果平成28年(2016年) 

何となくそんなものかなという感じでしょうか。次に、年代や世帯別の年収を見ていきましょう。

2. 年代別、二人以上世帯・一人暮らし世帯の平均貯蓄額

家庭の状況によって変わりますので、二人以上世帯・一人暮らし(単身)世帯に分けてみていきます。

金融資産保有額ー平均値

出典:平成29年金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]/ [二人以上世帯調査] から作成
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/tanshin/2017/
https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/yoron/futari/2017/

これは、金融資産を持っている家庭に絞った数字です。実は金融資産のない世帯も含めると、貯蓄額は、このデータからかなり下がります。

こんなにないけど、本当なのかな?と思った人も多いかもしれません。
実は、平均値は、極端に外れた値(ここでは、極端に貯蓄の多い人や少ない人)が母数に入っていると、そちらに引っ張られてしまい、実態が見えにくくなったり、実感からずれてしまうことがあるのです。そのため、この調査では、「中央値」の金融資産保有額も発表されています。

平均貯蓄額については、各年代に向けた詳細記事も書いています。ぜひ参考にしてみてください。

3. 同じデータを「中央値」でみると、実はもっと貯蓄額が低い!

3-1 年代別、二人以上世帯・一人暮らし世帯の貯蓄額中央値

同じ二人以上世帯・一人暮らし(単身)世帯データで、中央値も参考に見てみましょう。

金融資産保有額ー中央値出典:同上

平均値と中央値の違いを事例で確認

たとえば、5人の貯蓄額を出す場合で考えてみましょう。
  ケース1) 100、200、300、400、500万の5人の場合
  ケース2) 100、200、300、400、5,000万の5人の場合

 

平均値: すべての数字を足して、それを個数で割ったもの。データに極端に小さな値や大きな値(外れ値)が含まれているとき、その影響を受けて実際より結果が小さくなったり、大きくなってしまうため注意が必要です。

  ケース1)(100+200+300+400+500)÷5=300
  ケース2)(100+200+300+400+5,000)÷5=1,200

※ケース2)の場合、平均年収が実態とかけ離れた数字になったのが分かると思います。

 

中央値:データを大きい順(または小さい順)に並べたときの真ん中の値。

  ケース1)100、200、300、400、500  →真ん中の300が中央値
  ケース2)100、200、300、400、5,000 →真ん中の300が中央値

外れ値が入ってくる場合は、中央値のほうが実態に近い数字になりやすいと言えます。

先ほどの貯蓄額についても、中央値のほうが肌感覚に近いように感じる人も多いのではないでしょうか。貯蓄の多い相対的に少数の世帯が、平均値の金額を引き上げていると想像できますね。実際、貯蓄額の分布をみると、平均貯蓄額に満たない世帯が1/3近くも存在しています。

3-2 みんなと比べて、どう判断する?

皆さんはいかがでしたか。
この数字に達している家計、達していない家計、どちらの場合もあると思いますが、どう感じたでしょうか?また、その数字でいいのかどうか、自分で判断がついたでしょうか。

感想はいろいろあるかもしれませんが、実際は、平均値でも中央値でも、それ自体には意味はなく、貯蓄額自体の良しあしを判断することはできません。当たり前ですが、実際に人生で必要なお金は、人生で何をしたいか、予定や目標に合わせて判断すべきものなので、人それぞれです。

そのうえで、少なくとも明らかに足りない可能性がある、と焦った人。あまり計画的に将来の支出を考えていなかったため、一般的なレベルの貯金もできていなかった可能性はあるかもしれませんね。

逆に、この数字をもとに安心してしまった人。平均値が十分な貯蓄額だとは言い切れないので、それもちょっと早いかもしれません。

いずれにしても、貯蓄額に対して根拠ある判断が自分でつかない場合は、今後の人生でどこに住むか、何をしたいか、家族構成がどうで、それをかなえるためにはどのような支出が見込まれるか、がはっきり見えていない可能性があります。

当てはまる場合は、ぜひ次の章を参考に、「自分にとって」充分な貯蓄について考えてみてくださいね。

計画的に資産を増やす

4. 平均貯蓄額はあくまで目安。自分に必要な貯蓄額を考えよう!

どこに住むか、どう住むか。死ぬまでに実現したいことや、必要になりそうなもの、サービスは?

家族構成や生活コストで、必要な貯蓄額は変わります。今貯まっていない人も、貯まっている人も、今後必要になりそうなお金の目安を出しておくことで、現時点の額の良しあしが分かります。

まずは、ざっくりで良いので、今後のライフプランで起こること、やりたいことを書き出してイメージしてみましょう。

年代別  貯める目的  おおまかな必要金額
20代~ 結婚
出産
車の購入
旅行資金
やりたいこと、夢の資金
200万~300万
10万~30万
100万~300万
30万〜100万
???
30代 ~ 子供の教育費(大学学費)
住宅 ローン頭金 
300万〜500万
200万~500万
40代 ~ 老後 1000万〜3000万
50代 ~ 介護  ~500万

 イメージができたら、いつまでにどれだけのお金が必要で、現時点からどれくらい貯めていく必要があるかもわかりますね。
早速、それに向かってプランニングをしていきましょう。

【FP流】正しいマネープランの立て方。無料シミュレーション付

また、ある程度お金が貯まっている人も、現在の低金利、かつインフレが見込まれる状況の場合は、何もしないとお金の価値が目減りしてしまうリスクも考えておく必要があります。実際にするかどうかは別として、現預金がメインの人でも、基本的なお金の知識やリスクについては、学んでみてほしいと思います。

インフレとは
インフレ(インフレーション)とは、継続してモノやサービスの値段(物価)が上がっていくことです。
その結果、今までと同じ金額では同じモノやサービスを購入できなくなっていってしまいます。
また、同じモノやサービスが購入できなくなるということは、お金の価値が下がることになってしまいます。

インフレについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【要対策】お金の価値が目減りする!インフレの意味と生活への影響

何にお金が必要か考える

実際に、「貯める」~「増やす」ためのステップを踏むためには、以下の記事を参考にしてみてください。

[学ぶ・知る]貯蓄がなかなか思うように増えない。損はしたくないけど、もっと何かすべきなのか迷う人は

[相談する]自分だと手をつけられずに時間だけが過ぎていってしまう・・・人の手を借りたい!人は

5. まとめ ~必要な額が分かったら、次の行動につなげよう

いかがでしょうか。
お金を使う目的や時期を洗い出すと、あと何年後にいくら必要かがはっきりしますので、計画的に準備していきましょう。ぜひ、自分の状況に合わせて、具体的に次のステップを考えてみてください。

 

FPによる資産運用コンサルティングサービス、「お金の相談室」無料体験

資産運用をはじめたいけど、どうすればよいのか、何を選べばよいのか、金融機関に勧められたけど本当によいのか等、悩まれている方も多いでしょう。資産運用について誰に相談してよいかわからない方、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

お金の相談室では、東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、全国で無料相談会を実施しています。対面での無料体験相談をご希望の方は、インターネットもしくはお電話にてお申込みください。予約制です。

ご相談内容は、お金に関することならなんでもOK。

  • 投資信託の仕組みや自分に合った選び方をしりたい
  • 今、保有している商品(投資信託、債券、株式など)のご相談
  • NISA、ジュニアNISA、つみたてNISAについて
  • iDeCo等、確定拠出年金について
  • 子供の教育費の貯め方、有利な方法
  • 老後資金の貯め方
  • 保険の見直しや、新規加入について

など、お気軽に相談ください。