新NISAになってもロールオーバーが可能!ケース別やり方と注意点

新NISAになってもロールオーバーが可能!ケース別やり方と注意点

2024年から新NISAになるって聞いたけど、今のNISAからロールオーバーってできるの?

はい!現行NISAを使っている方は、新NISAでロールオーバーが可能です。

2024年から新NISA制度が始まります。その際、現行NISA購入分を新NISAへロールオーバーすることができます。

その結果、現行NISAで運用すると

  • 2014年~2018年購入分は15年間
  • 2019年~2023年購入した分は10年間

非課税で運用できるようになりました。

この記事で分かること!

  • 現行NISAから新NISAへロールオーバーが可能
  • ケース別、一般NISAから新NISAへのロールオーバーの仕方
  • 新NISAへロールオーバー時の注意点
目次

一般NISA(2023年まで購入分)から新NISAにロールオーバーが可能!

2024年から新NISAがスタートすることになりました。

これによって、一般NISAでは2019年以降購入分はロールオーバーができない制度でしたが、2019年~2023年購入分まで、新NISAへロールオーバーが可能となりました。

これは2020年の税制改正で、一般NISAが新NISA※としてリニューアルされる際に決まりました。

新NISAの概要

新NISA制度は下記の図のとおり、2段階方式になっています。原則、1階部分を利用しないと2階建て部分(現行NISA同様の制度)が利用できない、というのが最大の特徴です。
(つみたてNISAと一般NISAを組み合わせたような仕組みになっています。)

新NISA制度について詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

今までは、金融商品購入5年後の年に

①課税口座に移す
②売却する

の選択肢しかありませんでしたが、3番目の選択肢として

③新NISAにロールオーバー

が可能となりました。

※現行NISAを始めている人、これから始める方にとっては、有利な条件となりました。詳しくは以下の記事で解説しています。

ケース別、新NISAへのロールオーバーの仕方

現行NISAから新NISAへ全額ロールオーバ可能ですが、ロールオーバーする金額によっては、ロールオーバー後、新NISAで買付できる金額が異なります。

複雑な仕組になっているので3パターンに分けて解説していきます。

時価(資産価格)が新NISAの枠(122万円)を超えてロールオーバーする場合 

現行NISAを利用している人は、新NISAの投資枠(122万円)を超えていても全額ロールオーバーすることができます。

例えば2019年に一般NISA枠で100万円投資し、5年後のロールオーバーする際に資産価格が150万円になった場合。

NISAの投資可能額は122万(1階と2階の合計)ですが、その金額を超えていても全額ロールオーバーが可能です。

ただし、新NISAの枠122万円を超えてロールオーバーした場合は、その年の新NISA枠で追加購入はできません

時価(資産価格)が新NISAの枠102万~122万以内でロールオーバーする場合


新NISAの投資枠122万円に収まる場合は、ロールオーバーした分は2階の枠(102万円)から埋めていきます。2階の枠がすべて埋まった場合には、次に1階の枠(20万円)を埋めていきます。

例えば、2019年に一般NISA枠に100万円投資し、5年後のロールオーバー時に資産価格がが110万円になった場合。

①資産価格110万のうち、2階の枠102万円を使用
②残り8万円(110万ー102万)を1階の枠で使用
③1階残り枠は12万円(20万-8万円)

1階の枠は12万円残るため、2024年の新NISAでは12万円の範囲内であれば1階で投資が可能です。(1階なのでつみたてNISA対象商品の積み立て限定)。

時価(資産価格)が新NISAの枠102万円未満でロールオーバする場合

 ロールオーバーしても2階の枠(102万円)を使わない場合は、2階の枠と1階の枠が余ることになります。

例えば、2019年に一般NISA枠で30万円投資し、5年後のロールオーバー時に資産価格が50万円になった場合。

①50万円を新NISAの2階部分に使用
②2階部分の残高は52万円(102万円-50万円)
③1階枠は20万円の残る事になります。

2階の残りの枠を、新規資金で新NISAを利用する場合、1階を利用してから2階を使うルールです。

2024年の新NISAでは、1階の積み立て投資を行った上で、2階の22万円枠を使うという順番であれば投資が可能です。

ロールオーバー時の注意点 

現行NISAを利用して、新NISAへロールオーバーする方法について、解説してきましたが、主な注意点として2つありますので、確認しておきましょう

ロールオーバーした年はその金額分、新規購入ができない

ロールオーバーをした年は、その年の枠を利用するため、利用した金額分、新規の投資ができません。

そのため、持っている商品の投資の成績がいまいちで、新しい商品を買いたい場合は、ロールオーバーしない方がよいでしょう 

ロールオーバーする前の年の10月~12月に書面の提出が必要

 ロールオーバーする際は、ロールオーバーする年の前年の10月から12月までの間に、書類の提出が必要となります。

金融機関によって、届く時期は異なりますが、書類が送られて来た際に、ロールオーバーする書類を提出し忘れると、ロールオーバーできなくなります。

ロールオーバーする際は、届き次第忘れずに書類を提出しましょう。

まとめ

新NISAの概要から、一般NISAの活用方法について解説してきましたが、一般NISAをまだ、利用していない人は、この機会に、始めてみることをお勧めします。

また、既に始めている人も、一般NISAをなるべく使い切ることをお勧めします。  

商品選びや金融機関えらびについては、FPなどのプロに相談することを検討しましょう。

お金のプロ「ファイナンシャルプランナー」に聞く、「お金の相談室」無料体験

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

お金の相談室では、東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、全国で無料相談会を実施しています。
(リンクを開くと相談会会場の住所一覧をご確認いただけます)

また、『オンライン無料相談(skype、zoom等)』の対応も開始しています。
(「不要な外出は避けたい!」「子どもが小さいので相談場所まで行くのが難しい!」という方は、ぜひご利用ください。)

無料体験相談をご希望の方は、以下の「お申し込みページ」もしくはお電話にてお申込みください。予約制です。

ご相談内容は、お金に関することならなんでもOK。

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

私共のファイナンシャルプランナー(FP)は、特定の金融商品に偏らず、本当にあなたに合ったマネープランをご提案いたします。
(私たちは営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

無料相談の申し込みはこちら

この記事を読んだ人におすすめ
iDeCoとNISAは併用可能!制度のメリット・デメリットをしっかり理解しよう
初心者でも分かるファンドラップと投資信託の違い、メリットデメリット
初心者でも分かるファンドラップと投資信託の違い、メリットデメリット
新NISAいつから
新NISAはいつから?開始を待たずに現行NISAを活用すべき2つの理由
記事検索