新NISAになってもロールオーバーが可能!ケース別やり方と注意点

新NISAになってもロールオーバーが可能!ケース別やり方と注意点

2024年から新NISAになるって聞いたけど、今のNISAからロールオーバーってできるの?

はい!現行NISAを使っている方は、新NISAでロールオーバーが可能です。

2024年から新NISA制度が始まります。その際、現行NISA購入分を新NISAへロールオーバーすることができます。

その結果、現行NISAで運用すると

  • 2014年~2018年購入分は15年間
  • 2019年~2023年購入した分は10年間

非課税で運用できるようになりました。

この記事で分かること!

  • 現行NISAから新NISAへロールオーバーが可能
  • ケース別、一般NISAから新NISAへのロールオーバーの仕方
  • 新NISAへロールオーバー時の注意点
目次

一般NISA(2023年まで購入分)から新NISAにロールオーバーが可能!

2024年から新NISAがスタートすることになりました。

これによって、一般NISAでは2019年以降購入分はロールオーバーができない制度でしたが、2019年~2023年購入分まで、新NISAへロールオーバーが可能となりました。

これは2020年の税制改正で、一般NISAが新NISA※としてリニューアルされる際に決まりました。

新NISAの概要

新NISA制度は下記の図のとおり、2段階方式になっています。原則、1階部分を利用しないと2階建て部分(現行NISA同様の制度)が利用できない、というのが最大の特徴です。
(つみたてNISAと一般NISAを組み合わせたような仕組みになっています。)

新NISA制度について詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

今までは、金融商品購入5年後の年に

①課税口座に移す
②売却する

の選択肢しかありませんでしたが、3番目の選択肢として

③新NISAにロールオーバー

が可能となりました。

※現行NISAを始めている人、これから始める方にとっては、有利な条件となりました。詳しくは以下の記事で解説しています。

ケース別、新NISAへのロールオーバーの仕方

現行NISAから新NISAへ全額ロールオーバ可能ですが、ロールオーバーする金額によっては、ロールオーバー後、新NISAで買付できる金額が異なります。

複雑な仕組になっているので3パターンに分けて解説していきます。

時価(資産価格)が新NISAの枠(122万円)を超えてロールオーバーする場合 

現行NISAを利用している人は、新NISAの投資枠(122万円)を超えていても全額ロールオーバーすることができます。

例えば2019年に一般NISA枠で100万円投資し、5年後のロールオーバーする際に資産価格が150万円になった場合。

NISAの投資可能額は122万(1階と2階の合計)ですが、その金額を超えていても全額ロールオーバーが可能です。

ただし、新NISAの枠122万円を超えてロールオーバーした場合は、その年の新NISA枠で追加購入はできません

時価(資産価格)が新NISAの枠102万~122万以内でロールオーバーする場合


新NISAの投資枠122万円に収まる場合は、ロールオーバーした分は2階の枠(102万円)から埋めていきます。2階の枠がすべて埋まった場合には、次に1階の枠(20万円)を埋めていきます。

例えば、2019年に一般NISA枠に100万円投資し、5年後のロールオーバー時に資産価格がが110万円になった場合。

①資産価格110万のうち、2階の枠102万円を使用
②残り8万円(110万ー102万)を1階の枠で使用
③1階残り枠は12万円(20万-8万円)

1階の枠は12万円残るため、2024年の新NISAでは12万円の範囲内であれば1階で投資が可能です。(1階なのでつみたてNISA対象商品の積み立て限定)。

時価(資産価格)が新NISAの枠102万円未満でロールオーバする場合

 ロールオーバーしても2階の枠(102万円)を使わない場合は、2階の枠と1階の枠が余ることになります。

例えば、2019年に一般NISA枠で30万円投資し、5年後のロールオーバー時に資産価格が50万円になった場合。

①50万円を新NISAの2階部分に使用
②2階部分の残高は52万円(102万円-50万円)
③1階枠は20万円の残る事になります。

2階の残りの枠を、新規資金で新NISAを利用する場合、1階を利用してから2階を使うルールです。

2024年の新NISAでは、1階の積み立て投資を行った上で、2階の22万円枠を使うという順番であれば投資が可能です。

ロールオーバー時の注意点 

現行NISAを利用して、新NISAへロールオーバーする方法について、解説してきましたが、主な注意点として2つありますので、確認しておきましょう

ロールオーバーした年はその金額分、新規購入ができない

ロールオーバーをした年は、その年の枠を利用するため、利用した金額分、新規の投資ができません。

そのため、持っている商品の投資の成績がいまいちで、新しい商品を買いたい場合は、ロールオーバーしない方がよいでしょう 

ロールオーバーする前の年の10月~12月に書面の提出が必要

 ロールオーバーする際は、ロールオーバーする年の前年の10月から12月までの間に、書類の提出が必要となります。

金融機関によって、届く時期は異なりますが、書類が送られて来た際に、ロールオーバーする書類を提出し忘れると、ロールオーバーできなくなります。

ロールオーバーする際は、届き次第忘れずに書類を提出しましょう。

まとめ

新NISAの概要から、一般NISAの活用方法について解説してきましたが、一般NISAをまだ、利用していない人は、この機会に、始めてみることをお勧めします。

また、既に始めている人も、一般NISAをなるべく使い切ることをお勧めします。  

商品選びや金融機関えらびについては、FPなどのプロに相談することを検討しましょう。

お金の
貯め方

保険の
見直し

住宅
ローン

NISA・
iDeCo

お金のこと、
FP にしませんか?

お金の話だからしっかり
理解をして進めたい

調べていたら
他の悩みも出てきた

本当にこの方法で
いいのかな?

そのお金の不安、無料FPに相談できます!

全国どこでも相談OK

全国どこでも相談OK

最短即日対応可能

最短即日対応可能

オンライン相談可能

オンライン相談可能

何度でも無料相談

何度でも無料相談

詳しくはこちら

この記事を読んだ人におすすめ
2022年iDeCoが改正!変更点とポイントを分かりやすく解説
2022年iDeCoが改正!変更点とポイントを分かりやすく解説
ジュニアNISAを今からでも始めるべき3つの理由と向いている人の条件
ジュニアNISAを今からでも始めるべき3つの理由と向いている人の条件
iDeCoとNISAは併用可能!制度のメリット・デメリットをしっかり理解しよう
新NISAいつから
新NISAはいつから?開始を待たずに現行NISAを活用すべき2つの理由
記事検索