【学校別費用一覧】教育資金はいくら?ママFPの失敗体験からアドバイス!

教育資金はいくら?

突然ですが、こどもの教育費用はトータルいくらかかるか知っていますか?

答えは……。

こども一人あたり1,038万円~2.689万円です。
1,038万円は幼稚園から大学まで全て公立の場合、 2,689万円は幼稚園から大学まで私立(理系)の場合です。
大学が私立医学部となると、なんと4000万円になります

子ども1人を育てるのに、教育費はけっこうな額がかかることがおかかりいただけたと思います。

このデータはこども一人当たりのトータルの金額ですが、一番お金がかかる時期はいつでしょうか?
それは、大学の入学時とその後の3年間(4年生大学の場合)です。

教育資金づくりにおいて、この”大学費用”の準備が最も大事なのです。

この記事では、まず初めに大学4年間の教育資金に関して説明していきます。

さらには、
・学校別(小学校・中学校など)の教育費はいくらかかるのか?
・教育資金をどのように準備をしていけばいいのか?

を詳しく解説していきます。

2020年現在、大学生のこどもが二人いるFPの私。

20年前はFPの仕事をしていませんでしたし、相談するところもなく……。たくさんの失敗を経験してきました。私のその失敗談も赤裸々にお話いたします。少しでもあなたの参考になれば幸いです。

教育費は早くから用意することが大切!
最後まで読んで、準備をしましょうね!

お金にまつわるお悩みをお金のプロに無料相談
お金にまつわるお悩みをお金のプロに無料相談

1 貯めるべき教育資金は『大学費用』

教育資金を貯めるべきは大学費用

子どもの教育費でお金が一番かかる時期は、繰り返しますが、大学生の時期です。

幼児期・小・中でも習い事や塾などでお金がかかります。高校でも私立に行く場合はお金がかかります。しかし、これらは、まとまったお金を払うというより、月々の支払いです。

大学費用は、一度に一括で100万円以上を払わなくてはならないのです。
それが4年間あるわけです。月謝制や分割払いはできません。

では以下、詳しく話しましょう。
    
大学4年間の教育費を、国立・私立、自宅・下宿でグラフにしたものが以下になります。

教育費のグラフ参照:生命保険文化センター|大学生にかかる教育費はどれくらい?

私立理系(自宅)では大学4年間で809万円下宿で1073万円です。国立大学ですら、4年間で524万円もかかります。

こんなにお金がかかるのですから、子供が生まれたら1日でも早く用意をしたほうがいいですね。

実は、おかねの貯め時は、乳児~小学校低学年までです。

小学校高学年から塾に行きだしたり、中学・高校となると、私立に行く場合もあります。公立でも、部活や交通費、いろいろかかります。ですので、早く準備しましょう。(具体的な方法は3章、4章でお話しします)

我が家の場合|大学費用
長男:大学4年生。私立大(理系と文系の中間 総合政策学部)、自宅通学
<学費(のみ)>
・大学1年次…170万円
・大学2年次〜大学4年次…各140万円  
   
<その他費用>
・交通費…年間20万円 
・教材費…年間5万円
大学4年計 690万円
※上のグラフ(私立文系)より学費が高くなってしまいました…。

<こんな考えもあるけど…その1>
“その時になったらなんとかなるや。足りなかったら借りればいいや”

☞お金が湧いて出てくるわけではありません。
借り入れをした場合は、借入利息がかかります。今から準備すれば、運用次第ではお金が増えます。利息を取られるのと、お金が増えるのとではどちらが良いでしょうか?(運用方法については後述します)

☞自分たちの老後は大丈夫?
子供の大学費用を教育ローンで借りるとなると、自分たちは40代後半から50代前半ですね。自分たちの老後の準備をしていく年齢なのに、新たな借金をすることになります。それなら、まだ若い段階で教育資金をコツコツ用意した方がいいですね。

<こんな考えもあるけど…その2>
“こどもが(※1)奨学金を借りればいい。無利息で借り入れできる場合もあるし”

☞働く前から働くことを前提に借金をすることになる
子供が大学を卒業して順調に就職できるとは限りません。就職しても働けなくなる場合もあります。
 
☞結婚・出産・子育て時期に、返済が残っている
15年間返済すると37歳です。一般的に結婚・出産でお金がかかる時期です。子供の教育資金を貯めなけらばならないのに、まずは自分の教育費用の返済です。この時期に借金があるのは避けたいですね

☞「奨学金を受けるにふさわしいか」審査がある
毎年1回「奨学金継続願」を提出します。行動が奨学にふさわしいか審査があります。例えば1年から2年へ進級できず留年したら……即、奨学金が打ち切りとなります。奨学金をあてにしていた残りの3年分はどうなるでしょうか。

※1 奨学金とは
独立行政法人日本学生支援機構の奨学金貸与事業のこと。大学や専門学校で学ぶ学生に対して、お金を貸与する。第一種奨学金(無利息)・第二種奨学金(利息付)があり、社会人になってから返済していくというもので、10~15年にわたり返済していく。

2.教育費はいくらかかるか

教育費は1000万円以上

冒頭で話した通り、こども一人あたり教育でかかる費用は

1,038万円~2,689万円です。

各学校別の費用とトータル額をみてみましょう。
注)幼稚園は3年間、小学校は6年間、中・高校は3年間、大学は4年間のトータルです。

学費一覧
出典:日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査結果」、文部科学省「平成30年度 子供の学習費調査」、文部科学省「令和元年度 私立高等学校授業料等の調査結果」、文部科学省「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」、文部科学省「平成30年度 私立大学入学者に関わる初年度学生納付金平均額調査結果」、など

幼稚園から高校まで公立、大学も国立の場合1,038万円。公立でもこんなにかかるんです!更に、表を見てもわかる通り、やはり大学ではお金がかかりますね。

親としては、“国立大学に行ってくれればいいのに“ と思いますよね。しかも家から通える範囲で。(しかし、そう親の思い通りにはいかないものです…。)  

我が家の場合|子供の希望を叶えたい!
我が家の場合|子供の希望を叶えたい

大学受験の時の話です。私立大が3校と国立1校の願書を提出。本人が一番行きたかったのは私立大でした。念願叶い、一番行きたかった私立大が先に受かりました。結局、国立大は申し込んだもの、受験しませんでした。

本人がどうしても行きたい学校なら、「だめ!国立に行きなさい!」とは言えませんよね…。親は、子供の希望を叶えられるように、余裕をもってお金を用意する必要があるのです。

大学のみ私立文系の場合で、1193万円。
高校からは私立で大学文系は、1462万円です。

これは子供一人あたりです。子供が二人いたら2倍の金額になりますね。

<塾の費用>
中学受験・高校受験・大学受験の塾の費用です。入塾金と学費をまとめました。(模擬試験や夏季・冬季・春季講習は入っていません)

中学受験
小4 366,000円
小5 5670,80円
小6 595,440円
高校受験
中1 438,600円
中2 508,560円
中3 595,440円
大学受験
高校生 869,000円
※参考:夏期講習1講座 18,900円

受験をするとなると、塾の費用もかかります。こちらは月謝制ですから、毎月の収支から捻出することになります。


3 教育資金の準備の考え方

教育資金準備のポイント

3-1 計画を立て目標額をきめることが大事

1章で、キッチリ貯めるべきは大学費用と述べました。
 
まとまったお金が必要になる大学費用は、事前事前に準備を進めていかなくてはなりません。
ではどのように準備をしたらいいでしょうか?

教育資金の準備の考え方を説明します。
ただ ”お金を貯める!” と貯めていくのはいけません。順序だてて計画を立てることが重要です

大学費用を貯める手順
①目標金額を決める
 ②計画をたてる

①いくら貯めるか目標を決める
私立文系で目標金額を低く見積もるより、私立理系で、目標金額を高めにすることをおすすめします。理系になるかもしれませんからね。

 例)私立理系4年間 約781万 円

②「いつまでに」「いくら」の計画を立てる
こちらは「いつまで」に「いくら」かを決めます。

例)
いつまでに → (※2)15歳までに
いくら   → 781万円

781万円 ÷ 15年 ÷ 12か月 = 43,388円/月 
毎月43,000円貯めていけば、15年間で781万円貯まる計算になります。

※2 なぜ15歳までに貯めなくてはいけないのか
大学の費用なら18歳(高校3年までに)と思うかもしれませんが、15歳までにしたほうがいいです。

高校になると急に出費が多くなります。高校で私立に行く場合もあります。
細かい話ですが、中学生までは学校と家が行動範囲ですし、学校の帰り「寄り道禁止」でお金は
かかりません。高校生になると友人との付き合いや行動範囲も広くなり、小遣いが増えます。
男女問わず、洋服にも気を遣うようになりお金がかかります。定期代や部活・習い事の遠征費もかかります。

また、大学3年時、一般入試の場合、受験費用が1試験 35,000円(2018年)です。
5校(学部)受験するとしたら、175,000円もかかります。

よって、15歳までに大学費用を用意して、受験費用は、別途用意することをおすすめします。

我が家の場合|子供の希望を叶えたい!
我が家の場合|私の失敗① 「増やす」ことを考えていなかった

子供が生まれた当時はFPの資格もなく、お金に関する知識もありませんでした。ですので、”増やす”という感覚は無く、貯金だけでなんとかしようと思っていました。

子供が6歳になってから人に勧められて初めて、「学資保険」に入りました。当時の学資保険は今よりは利率が良かったです。しかし、スタートが遅かったため、あまり多く増えては戻ってきませんでした。もっと早く“増やすこと”を始めていればと後悔しています。

注)現在は利率が低いので学資保険はお勧めしません

以下の記事では、大学費用を用意する具体的な方法が記載されています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

3-2 インフレも考慮することが大事 

前章では、781万円を用意するのに、毎月43,388円貯めると解説しましたが、15年という長い時間は、インフレを考えなければいけません。

インフレとは
時間の経過とともにモノやサービスの値段が上がることです。

例)
国立大学授業料 
1975年(昭和50年) 36,000円
2018年(平成30年) 535,800円 

参照|【文部科学省】国立大学と私立大学の授業料等の推移

現在の国立大学の授業料は53万円です。1975年の国立大学の授業料は、たった36,000円とは驚きですね。

ですので、長期で大きなお金を貯めていく場合、インフレも考えて準備をしていかなければなりません。

我が家の場合|私の失敗② 「インフレ」のことを考えていなかった
私が入っていた学資保険は、中学で30万円、高校で30万円、大学入学時100万円受け取れるというものでした。
大学入学時に100万円だけしかお金が入らなく、入学金が足りませんでした自分の大学のころは
学費が80万円くらいでしたから100万円で足りると思っていたのです。インフレの事を考えていなかったのです。大学2年以降の学資もありません。
もっとちゃんと準備していればよかったと後悔しています。

4 教育資金の準備の仕方

教育資金の準備方法

3章では、教育資金の考え方を解説しました。
それでは、計画を立てたら、次はどのように準備をすればよいのでしょうか。

預貯金のみで貯めていくのは、低金利の現在、得策とはいえません。

銀行や郵便局の預貯金で用意しても貯まりはするけど増えはないしないですね。

2020年8月現在、郵便局の通常貯金(普通預金のこと)は、0.001%です。(※ ゆうちょ銀行|金利一覧 より)
100万円を1年間預けて、利息は10円です。仮に100万円を10年間預けても利息はたった100円です。
ぜんぜん増えませんね。

それでは、教育資金をどのような方法で用意していけばいいのでしょうか。
以下説明していきましょう。

4−1 ジュニアNISAを利用してお金を増やす

先に述べたように、教育費はとてもお金がかかります。ただ銀行で貯めていっても増えては行きませんから、“お金に働いてもらって”、つまり、資産運用をしてお金を増やしていきましょう

その一つの方法として、ジュニアNISAがあります。

ジュニアNISAとは
0~19歳の子ども名義で口座を開設し、親権者が代理で株や投資資信託などで運用します。運用で得た利益に対して税金がかからない、という制度です。

※通常の投資信託は、運用益や売却益に税金(20.315%)が課せられます。
 毎年80万円の範囲内で5年間投資ができます。5年間で最大400万円まで非課税投資が可能です。

ジュニアNISAをすすめる理由
・投資信託などを利用するので、運用次第ではお金が増えていく
・通常利益に対して税金がかかるが、ジュニアNISAを利用すれば非課税
・20歳まで非課税で運用ができるので長期で運用をすればマイナスが軽減される 

私立では4年間総額で約400~500万円の費用がかかります。(医学部除く)

ジュニアNISAは最大で、80万円×5年間 = 400万円の運用ができます。
これだけでも400万円を確保できますが、仮に運用がうまくいって、5%(複利)のリターンであった場合、18年間で753万円になります。

大学4年間の費用に十分あてられますね。つまり、ジュニアNISAは大学の学費準備にピッタリなのです。

5年の投資期間終了後は20歳まで「継続管理勘定」へ移管(ロールオーバー)し、非課税で運用
できます。これは、ジュニアNISAならではのメリットといえます。

ロールオーバー
5年の投資期間が終了したら“もう非課税で運用できない”ではなく「継続管理勘定」という場所へ移管することができます。この移管することをロールオーバーといいます。
ロールオーバーをすることで、20歳まで非課税で運用できます。ロールオーバをしないと課税されます。ロールオーバーをすればその課税分も多く運用ができるということです

※注意点
18歳までは払い出しができません。(制度改正により、2023年1月1日からは、18歳未満でも払い出しができるようになります) 

関連記事

4−2 外貨建終身保険でお金を用意する

子どもの大学費用といえば「学資保険」が主流でした。

ところが、低金利の現在、学資保険も金利と関係していますから、昔と比べて満期時の戻りがあまりよくありません。契約した金額よりも払い込む保険料のほうが多くなってしまう保険会社もでてきました。

そこで有効なのが、外貨建て保険を利用する方法です。
詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

4−3 児童手当は使わずに別の口座で管理・運用する

ご存知の方は多いと思いますが、児童手当という制度があります。3歳までは15,000円/月、それ以降中学校3年生までは10,000円/月が支給される制度です。(所得によって金額は異なります)

児童手当とは
中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方に、支給される手当のことです。

これを満額受け取った場合、子供一人あたり、15歳まで198万円貯まることになります。(下記表参照)
児童手当は子供のために使わないで取っておく!と決めましょう。

児童手当月額表
3歳未満 3歳〜小学校終了前 中学生
1人目 15,000円 10.000円 10.000円
2人目 15,000円 10.000円 10.000円
3人目 15,000円 15,000円 10.000円
児童手当を受け取る際のポイント
このお金がどこに振込まれるかというと、世帯主の銀行口座です。何もしないでいると知らない間に生活費としてお金が消えていってしまいます。
子ども名義の銀行口座をつくって、面倒でも、毎回お金を移すことをお勧めします。

このお金をきっちりと使わずに貯めておくのですが、ジュニアNISA制度や外貨建保険の資金にして、運用にまわすのもいいですね。

4-4 親からの援助 贈与という方法もある

自分たちだけでお金を用意できない場合、親からの援助をしてもらうという方法もあります。

親からお金をもらう場合、通常、贈与税がかかります。しかし、1年間のうちで110万円以内であれば、贈与税はかかりません。これを基礎控除といいます。

ジュニアNISAの場合、年間80万円まで投資ができます。110万円の基礎控除範囲内ですので、基本的に贈与税はかかりません

援助をしてもらうのもひとつの方法ですね。

贈与税

以下はジュニアNISAの贈与に関して詳しく載っている記事です。

関連記事

まとめ

教育資金がいくらかかるか説明してきました。教育資金がトータルで結構かかることに驚かれた方もいるでしょう。
 
私立大学に子ども2人を通わせている私としては、皆さんに私のような失敗をしてほしくありません。しっかりとお子様のためにお金を準備してあげましょう。

どうしたらいいかわからない方はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみてください。
一番ベストなプランニングをしてくれますから。

お金のプロ「ファイナンシャルプランナー」に聞く、「お金の相談室」無料体験

お金のことを相談してみたいけど、誰に相談してよいかわからない方など、まずは無料でFP相談を体験してみませんか?

お金の相談室では、東京、札幌、仙台、宇都宮、長野、新潟、金沢、名古屋、大阪、京都、福岡、熊本、長崎などの地域を中心に、全国で無料相談会を実施しています。

また、この度『オンライン無料相談(skype、zoom等)』の対応も開始しました。
(「不要な外出は避けたい!」「子どもが小さいので相談場所まで行くのが難しい!」という方は、ぜひご利用ください。)

無料体験相談をご希望の方は、以下の「お申し込みページ」もしくはお電話にてお申込みください。予約制です。

ご相談内容は、お金に関することならなんでもOK。

  • 家計管理や家計収支の見直す方法は?
  • お金の運用方法は?
  • 子供の教育費の目安は?
  • 住宅購入や住宅ローンを見直すには?
  • 保険の見直し方法は?
  • 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?
  • 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など、お気軽にご相談ください。

私たちは、特定の金融機関に属さない独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です。特定の金融商品に偏らず、あなたに合ったマネープランをご提案いたします。
(私たちは営業ノルマがないので無理な勧誘は一切行いません。)

【FPに聞く “お金の相談室” 】
《全国対応》お金のプロに無料個別相談
【FPに聞く “お金の相談室” 】
《全国対応》お金のプロに無料個別相談